ブログアフィリエイトで団塊世代の初心者でも稼ぐ!副業アフィリエイトから本業アフィリエイトへのストーリー!
<< 無料レポート作成。ネタがない? | main | 無料ツールを使い倒す! >>
総務省のスパムブログの定義
アフィリエイターなら、

管理しているブログの数は、
ひとつやふたつじゃないと思いますけど、

日本国内のブログの総数って、
どれくらいだと思います…?

総務省が、

「ブログの実態に関する調査研究」

というモノを発表したんですけど、

それによると、

日本国内のブログ総数は1690万で、
記事総数は13億5,000万だそうです。

そのうち1ヶ月に、
1回以上の更新が行われているブログは、

約300万くらいで、
これはずぅ〜っと横ばい状態らしいですよ。

毎月、

40〜50万くらいのブログが、
新規作成されてるらしいですけど、

更新されないブログや、
削除されるブログなんかもあるので、

1ヶ月に1回以上更新されるブログは、
約300万くらいのラインを維持したままのようです。

まぁ、

こんな数字を見ても、
これが多いのか少ないのか皆目検討が付かないですけど…^^;

ただ…、

「ブログの実態に関する調査研究」を見ていて、
ちょっと気になった項目があったんで、

今日は、

「ブログの実態に関する調査研究」の調査結果に基づいて
書いてるんですけどね…。

で…、

その気になった項目というのが、
スパムブログに関する項目なんです。

スパムブログは、
国内のブログ全体の12%に相当するらしいです。

で…、

そのスパムブログ数を
算出する際のスパムブログの定義が

「ブログの実態に関する調査研究」に
載っていましたので紹介しますね。

ゝヽEに更新している
他のブログを貼り付けて更新させている
アダルト・出会い系の記事を掲載している
そ侏荵や関心事の記述がなく、
 アフィリエイトや広告記事を大量に掲載している

これらに該当するブログが、
国内のブログ全体の12%に相当するという事らしいです。

その12%のスパムブログの内訳は、

・販売誘導:38.3%
・アフィリエイト:17.1%
・アダルト出会い系サイトへの誘導:7.0%

となっていました。

結局、

上記の 銑い蓮
ぜ〜んぶアフィリエイト絡みじゃん…、

って思いませんでした…?

っていう事は、

総務省は、

アフィリエイターが作成するブログは、
スパムブログって言っているのと同じような気が…^^;

こんな風に総務省に捉えられているなら、

そのうちアフィリエイトに対する
厳しい規制が敷かれるかも知れないですね。

インターネットやネットユーザーを冒涜したような、
安っぽいブログばかりを量産していると、

アフィリエイターは、
自分で自分の首を絞める事になってしまうんですよね…^^;

…かといって、

自動記事生成ツールなどが販売されている昨今では、
自分の身に最悪の事態が降りかかるまでは、

スパムブログの量産は止まらないでしょうね…^^;

でも、

このままインターネットが、

スパムブログに、
汚染されてしまうのを放っておく訳にいないですから、

アフィリエイト業界に対して、
何らかの規制を設けるべきでしょうね。

スパムメールに対する厳しい規制が出来たのですから、

スパムブログ等に関する規制が出来るのは、
遠い日の事ではないような気がしているんですけど…^^;

でも、

ブログに対する規制って、
どんな風になるんでしょうね…^^;

ブログもメールのように、

「未承諾ブログ」

ってタイトルに明記するようになったりして…^^;

JUGEMテーマ:ビジネス





.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://review-advice.jugem.jp/trackback/323
TOP