ブログアフィリエイトで団塊世代の初心者でも稼ぐ!副業アフィリエイトから本業アフィリエイトへのストーリー!
サテライトブログ作成時の注意点
昨日、サテライトブログの話をしましたが、

サテライトブログを作成する際に、
気を付けないといけない点がいくつかあります。

そんなの知ってるョ…という場合は、

今日の記事はスルーして、
あなたがしなければならない作業に入って下さいね…^^


で…、


サテライトブログ作成時に気を付ける点として、

まず挙げられるのが、
同じ無料ブログばかりを使ってはいけないという事ですね。

IPアドレスなどの難しい話はやめておきますが、


例えば…、


ライブドアのブログばかりで、
サテライトブログを作成し続けると、

検索エンジンは、
明らかに不自然な感じに思い、

自作自演のサテライト用のブログではないかと判断して、

サテライトブログを量産して、
それらから被リンクを送ったがために、

メインブログの評価を
下げてしまう可能性があります…。

世の中には、
たくさん無料ブログなどがあるのに、

ライブドアだけからリンクが張られていると、
誰が見ても不自然ですよね…^^;

人間が不自然に思うことは、
検索エンジンも不自然に思います。

なぜかというと、

検索エンジンは人間が作ったモノですから、
それを不自然だと判断するように作るのは当たり前ですよね…。

無料ブログが、
ネット上にどれだけあるのか数えた事はないですけど、

軽く100以上はあると思いますので、
サテライト用のブログを作るのであれば、

色んな無料ブログを使うようにして、
検索エンジンから自作自演だとバレないようにして下さいね。

ただ…、

色々ある無料ブログの中には、
サテライト用に作ったブログだと分かると、

あなたの了承など得ずに、
そのブログを速攻で削除する所もあります。

無料で借りている限りは、
そんな事をされても文句は言えないのですが、

せっかく作ったブログが、
そのような目に遭うのは勿体ないので、

厳しい処置を取られる無料ブログの場合は、
最初のブログ作成時にはリンクを設置せずに、

いくつか記事を書いて、

過去記事の中に、
リンクを設置するようにすれば良いかと思います。

あと…、

被リンクの全てが、
トップページからの被リンクというのも不自然ですから、

たまには、
記事にもリンクを設置してやれば、

検索エンジンの目をごまかすのと、
ブログ削除を回避できるのとで一石二鳥かと…^^

サテライト用のブログを作るのであれば、

本当は、
IP分散だとか小難しい話をしなければいけないのですが、

そんな話をすると、
難しく感じたり面倒臭く感じたりするかと思いますので、

サテライト用ブログの量産は、
色んな無料ブログを使うという事だけ覚えておいて下さいね。


という訳で、


今日はサテライトブログに関する基本的なお話でした…^^



JUGEMテーマ:アフィリエイト





.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | -| - |
特定商取引法の改正はもっとPRされるべき…
特定商取引法が改正されて、
今年の12月から施行されるということで、

普通のメールに限らず、

無料レポートやメルマガなども、
規制の対象となるような話があちこちで出回って、

ちょっとした話題になってますよね。

まぁ…、

やったモン勝ちと思っているアフィリエイターは多いですから、
今後は、もっと広範囲に渡って規制されていくでしょうね。

ネットユーザーが被害を被らないために、

あと…、

真面目なアフィリエイターが、
今後も真面目にやっていけるように、

ネット界も、
もっともっと法整備されるべきですね。

アフィリエイト業界は、
新しい業界ですから、

まだまだ小さな市場ですが、

これだけ被害が出てくると、
今まで野放しにされてきましたが、

今後は、そういう訳にはいかないですよね。

迷惑メールに関して法を犯すと、

法人の場合であれば、

罰金が100万円以下から3000万円以下に、
引き上げられたりするようですが、

こんなの当たり前ですよね。

ホント迷惑ですから…^^;

個人のアフィリエイターで、
迷惑をメールを送っていても、

それが犯罪に該当すると知らない人も多いかと思いますので、

総務省は、
もっともっとPRすべきですよね。



.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | -| - |
スパムなアフィリエイターの迷惑な行為
アフィリエイトをする際、
全てを手作業でするより、

便利ツールを使って、
作業の効率化を図るべきですよね。

そのツールですけど、

自分にとっては便利でも、
過剰なほどの便利さのせいで、

他人に迷惑を掛けてしまう…、
というような場合は考えモノですよね。

手作業では面倒臭くて、
やろうと思わないような事でも、

その面倒臭いことを全てやってくれる…、
というようなツールってよくありますよね。

その面倒臭いことをツールを使ってやられて、
迷惑したことってありませんか…?

人の嫌がることは、
リアルでもネットでもやめましょうね…^^;

こんなこと…、

社会人のあなたに言うようなことじゃないんですけど、

ネットとなると、
意外にそれが分からなくなってしまったりする事があるんですよね。

以前は、私もそうでした…^^;


という訳で、


最近、うざいなぁ〜、

と思っているのがメールなんです。

メールといっても、
アフィリリンクを貼ったようなメールじゃなくて、

相互依頼を申し込んでくるメールなんです。


私が途中まで作って、
放ったらかしにしたままのサイトがあるんですけど、

そのサイトにメールアドレスを載せていたので、

「相互依頼しませんか…?」

と色んな方からメールが来るようになったんです。

色んな方からメールが来るんですけど、
文面がどれもほとんど同じなんです。

そのサイトは、
作成途中で放ったらかしたままなので、

アクセスなんて、
ほとんどゼロですし、

検索でヒットするようなブログでもないですから、

相互リンクの依頼をするためにネットサーフィンして、
探し出せるようなサイトじゃないので、

なんらかのツールを使って、
メールを自動送信してきてるんだと思うんです。

その相互リンクの依頼をしてきた中のひとつのブログを見てみると、
リンクページに数え切れないくらいのURLが貼ってありました。

100くらいまでは数えましたが、
あまりの多さに、
最後まで数えるのは諦めました。

(発リンクを数えてくれるツールもあるんですけど…^^;)

たぶん、1000以上のリンクが貼ってあると思います。

1ページの発リンクは、
100迄と一般的に言われていますし、

グーグルも、
確かそんな風に言ってたハズです。

まぁ…、

100以上の発リンクがあってもいいのですが、
クローラーが多すぎる発リンクを嫌いますからね…^^;

ですから、

クローラーが嫌うような、
1000以上もリンクを貼ってるページからリンクを張られたら、
私のサイトの評価も下がりそうですよね。

だから、

リンクを外すように返信メールを送ったんですが、

音沙汰なしで、
しかも、設置したリンクも外してくれません。

自分がいいと思った事は、
相手もいいと思ってると考えてるんでしょうけど、

こんな迷惑なアフィリエイターは、

稼げない自分の手法を認識して、
早くまっとうなアフィリエイトに転換して欲しいですね。


JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:インターネット





.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | -| - |
スパムブログを排除するライブドアブログ検索
JUGEMテーマ:インターネット

 スパムブログってご存じですか…?

ネット界で「スパム」と名の付くモノは、
だいたい迷惑なモノを指していまして、

スパムブログとは、
迷惑なブログという事になります。

誰に対して迷惑なのかというと、
ネットユーザーに対してです…^^;

スパムブログは、
大抵アフィリエイターが作ったブログでして、

ネットユーザーが、
情報を得たくて検索した際に、

アフィリエイターは、
自分のブログに訪問させようとします。

そして、
自分のブログに訪問させる事が出来れば、

ブログ内のバナーをクリックしてもらって、
何らかの商品を売るという算段なのですが、

ネットユーザーが検索した際に、
数百のブログが表示されても、

実際に訪問するのは、
せいぜい上位10位くらいまでのブログなので、

アフィリエイターは、

自分のブログを上位10位までに表示されるように、
あの手この手を使う訳です。


で…、

スパムブログの何が問題なのかというと、

ネットユーザーが求める情報を
ブログで紹介する気がないからです。

紹介する気がない…というと、

チョット言い過ぎかも知れませんが、
検索に引っかかりやすくするために、

ブログの記事の中に、
キーワードを散りばめたり、

記事の数で勝負しようとする人は、
同じ文章をいくつものブログで使い回したりしますので、

役に立たないブログや、
ほとんど同じようなブログが大量生産されるからなんです。

そこで、

ライブドアのブログ検索では、
スパムブログを自動的に判別し、

スパムと判定されたブログは、
検索結果に反映されない仕組みに生まれ変わりました。

今後もこういった傾向が強くなると思われますので、

アフィリエイターも、
ブログアフィリエイトに対する考え方を変えないといけないですね。




.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | -| - |
ワードサラダを利用したネットビジネス
ワードサラダって言葉を聞いたことあります…?

ワードサラダとは、
パッと見は普通の文章に見えても、

よく見ると、

適当に単語を並べただけのような、
意味が通じにくい文章や、

ひどい場合は、

全く意味の通じない
デタラメな文章だったりするモノのことを指します。

これらは、

ツールで、
自動生成された記事を使っているブログで、

よく見られるモノです。

アフィリエイターであれば、
少しでも楽してブログを更新させたい…、

と思ってしまうのは普通の感覚かも知れませんが、

ツールで自動生成されたワードサラダは、
ブログ訪問者にとっては有益なモノではありませんから、

各検索エンジンは、
ワードサラダが紛れているブログに対しては、

スパムブログだと判定して、
検索結果に表示してくれませんし、

最悪の場合、
ドメイン丸ごとスパム判定されたりもします…^^;

最近では、

データセクションという企業が、
スパムブログのリストを販売し始めました。

これは、あくまでデータセクションが、
スパムブログだと判定したブログのリストという事になりますが、

データセクションの基準としては、

・ニュースなどをコピペしただけのブログ
・商品画像等を大量に貼り付けたブログ
・キーワード含んでいるだけのワードサラダブログ

他にも基準はあるようですが、
このようなブログをスパムブログとして、

そのリストを販売しています。

そのリスト提供価格は、
月額21万円です。

そのリストは毎月更新されていますので、
月額制度なのですが、

スパムブログのリストが
売れる時代になってしまったという訳ですから、

アフィリエイターも
気を付けなければなりませんよね。

気を付けるというのは、

スパムブログと判定されないように、
ワードサラダを生成するという意味ではなく、

スパムブログ自体を
作ってはいけないという意味なんですけどね…^^;

それにしても、

スパムブログが大量生産されている所に目を付けて、
それを逆に利用して商売するとは…、

世の中、
色んな事を考える人がいますよねぇ〜。

ホント、関心します…^^

ちなみに、

そのデータセクションのリストですけど、
資料請求すれば、

サンプルとして、
10万URLを無償で提供してくれます。

資料請求してあなたのブログが、
スパム判定されていないかチェックしてみます…?

データセクションのサイトは、下記URLです。

http://www.datasection.co.jp/ ←(直リンク)

それより…、

文章力のない私の場合、
一生懸命考えて書いた文章が、

ワードサラダだと
判定されてしまわないように気を付けなければ…^^;

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:インターネット





.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
PayPalを語る詐欺メールが横行しています
最近、情報商材もインフォトップなどのASPを通さずに、
PayPALを使って購入する場合が増えてきましたよね。

という訳で、

PayPalを利用しているアフィリエイターも、
結構多いかと思うのですが、

PayPalを悪用した詐欺が流行りだしてりますので、
気を付けて下さいね。

どんなのかというと、

「あなたのPayPalのアカウントをチェックしたところ、
 トラブルがあって使えなくなっているので、
 サポートセンターに進み、
 メールアドレスとパスワードを入力してログインして欲しい」

このようなメールが届くんです。

このメールで指示されている「サポートセンター」は、
ほとんど本物と見分けが付きません。

巧妙なデザインの偽装ページです。

しかも、

そのページを開いた時点で、

トロイの木馬(ウィルス)が、
あなたのパソコンにインストールされてしまいます。

これは、中国のサイバー犯罪者が作ったモノのようで、
オーストラリアに設置されているサーバーを使っているようです。

まだ、

今のところ英文でのメールしか見つかっていませんが、
グーグルアドセンスの詐欺メールは、

日本語でも存在していますから、

そのうち日本語で、
上記のようなメールが届くかも知れません。

その時は、

絶対にメールに記載されているサイトへ
アクセスしないようにして下さい。

アクセスしてしまうと、

上記で紹介したように、
ウィルスをパソコンへインストールされた上に、

あなたのPayPal情報(銀行口座やパスワードなど)が盗まれてしまいます。

他人事とは思わずに、
絶対に覚えておいて下さいね。

アフィリエイトで稼いだお金が盗まれてしまいますョ…^^;

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000041-inet-secu

JUGEMテーマ:インターネット
JUGEMテーマ:ビジネス



.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
Gmailは問題あり…?
アフィリエイターのみならず、
グーグルのGmailは世界中でよく使われていますが、

Gmailアドレスから、
他人のユーザーの氏名が割り出せてしまう事が判明しましたね。

グーグルもそんな所に、
脆弱性が存在していたとは思わなかったと思うんですが…^^;

しかも…、

とても簡単に判明できてしまいますし…^^;

どんな風にするかというと、

自分のGoogleアカウントで、
カレンダーの共有機能を使って、

他人のGmailアドレスを入力すると、

そのアドレスの持ち主の登録している氏名が
表示されてしまうんです…^^;

簡単過ぎるでしょ…^^;

これって、
何か問題あるの…?

と思われた方もいるかも知れませんが、

この機能を使って、
スパム送信者がGmailユーザーの氏名を割り出してしまうと、

名指しのスパムメールを
送れるようになってしまいますよね…^^;

今まで、

スパムメールと言えば、
身に覚えのないメール…、

と誰でも認識していたと思うのですが、

名指しメールが来ると、
スパムメールとは思わずに開いてしまいますよね…^^;

この記事を書いている時には、
グーグルは対策を立て終わっているかも知れませんが、

まだ対応できてないなら、
ちょっとヤバイかも…^^;

それでなくても、
Gmailはスパムメールの温床になってる…、

なんて言われていますし、
早く対応して貰えばありがたいのですが…^^;

でも…、

グーグルには世界中の天才が
集まっていると言われていますが、

いくら天才でも、

問題が起こってからじゃないと、
分からない事も多いんですね…^^;

ちょっと安心した人も多いのでは…^^;

JUGEMテーマ:ビジネス



.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
総務省のスパムブログの定義
アフィリエイターなら、

管理しているブログの数は、
ひとつやふたつじゃないと思いますけど、

日本国内のブログの総数って、
どれくらいだと思います…?

総務省が、

「ブログの実態に関する調査研究」

というモノを発表したんですけど、

それによると、

日本国内のブログ総数は1690万で、
記事総数は13億5,000万だそうです。

そのうち1ヶ月に、
1回以上の更新が行われているブログは、

約300万くらいで、
これはずぅ〜っと横ばい状態らしいですよ。

毎月、

40〜50万くらいのブログが、
新規作成されてるらしいですけど、

更新されないブログや、
削除されるブログなんかもあるので、

1ヶ月に1回以上更新されるブログは、
約300万くらいのラインを維持したままのようです。

まぁ、

こんな数字を見ても、
これが多いのか少ないのか皆目検討が付かないですけど…^^;

ただ…、

「ブログの実態に関する調査研究」を見ていて、
ちょっと気になった項目があったんで、

今日は、

「ブログの実態に関する調査研究」の調査結果に基づいて
書いてるんですけどね…。

で…、

その気になった項目というのが、
スパムブログに関する項目なんです。

スパムブログは、
国内のブログ全体の12%に相当するらしいです。

で…、

そのスパムブログ数を
算出する際のスパムブログの定義が

「ブログの実態に関する調査研究」に
載っていましたので紹介しますね。

ゝヽEに更新している
他のブログを貼り付けて更新させている
アダルト・出会い系の記事を掲載している
そ侏荵や関心事の記述がなく、
 アフィリエイトや広告記事を大量に掲載している

これらに該当するブログが、
国内のブログ全体の12%に相当するという事らしいです。

その12%のスパムブログの内訳は、

・販売誘導:38.3%
・アフィリエイト:17.1%
・アダルト出会い系サイトへの誘導:7.0%

となっていました。

結局、

上記の 銑い蓮
ぜ〜んぶアフィリエイト絡みじゃん…、

って思いませんでした…?

っていう事は、

総務省は、

アフィリエイターが作成するブログは、
スパムブログって言っているのと同じような気が…^^;

こんな風に総務省に捉えられているなら、

そのうちアフィリエイトに対する
厳しい規制が敷かれるかも知れないですね。

インターネットやネットユーザーを冒涜したような、
安っぽいブログばかりを量産していると、

アフィリエイターは、
自分で自分の首を絞める事になってしまうんですよね…^^;

…かといって、

自動記事生成ツールなどが販売されている昨今では、
自分の身に最悪の事態が降りかかるまでは、

スパムブログの量産は止まらないでしょうね…^^;

でも、

このままインターネットが、

スパムブログに、
汚染されてしまうのを放っておく訳にいないですから、

アフィリエイト業界に対して、
何らかの規制を設けるべきでしょうね。

スパムメールに対する厳しい規制が出来たのですから、

スパムブログ等に関する規制が出来るのは、
遠い日の事ではないような気がしているんですけど…^^;

でも、

ブログに対する規制って、
どんな風になるんでしょうね…^^;

ブログもメールのように、

「未承諾ブログ」

ってタイトルに明記するようになったりして…^^;

JUGEMテーマ:ビジネス





.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
スパム行為で賠償金2億3000万ドル…
アメリカには、自ら「スパム王」と名乗る悪名高い人物がいます。

その人物の名前は、Sanford Wallace と Walter Rines です。

今日は、この二人の話なんですが、

この二人は、MySpace.comというサイトで、
他人のページを乗っ取ったり、

そのサイトの会員に、
70万通以上のスパムメールを送ったりしていたんです。

そんな事をして何になるのか…?

と思う方もいるかと思いますが、
それでお金が稼げてしまうんです…^^;

例えば、

スパムメールを送って、
着信音などの商品を売ったり、

MySpace.comに訪問者を誘導したという事で、
MySpace.comから報酬を得たり…、

という感じで、
結構稼げてしまうんです…^^;

でも…、

MySpace.comが、
スパム行為を許すハズがありませんよね。

という訳で、

MySpace.com側は裁判に踏み切った訳ですが、

二人は、
5月12日に行われた裁判に出頭しませんでした。

そこで二人に下された判決は、

MySpace.comに対して、
賠償金として2億3000万ドルを支払え!というモノでした。

この2億3000万ドルの中には、
MySpace.comの弁護士費用である470万ドルも含まれているようです。

弁護士費用が470万ドルという金額もビックリですが、

1ドルを100円と換算しても、
200億円以上の損害賠償ですよ…。

個人が払える金額じゃないですよね…^^;

という訳で、

アメリカと日本では違いがあるとは思いますが、

スパム行為に関しては、
今後、日本もかなり厳しい法律が制定されると思います。

意図的にスパム行為をする事はないかと思うのですが、

自分で気付かないうちに、
スパム行為をしてしまう事がないとも言い切れませんから、

他人が迷惑に感じてしまうような事を
してしまわないように気を付けて下さいね。



.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
スパムメールと迷惑メール
久し振りにスパムメールの話です…^^;

スパムメールとは、

・嫌がらせを目的としたメール
・営業目的のメール

これらのような送る事を許可していない、
一方的なメールに対しての総称です。

しかし…、

最近では、

迷惑に感じたメール全てに対して,
スパムメールと呼んでいるような気もしますが…^^;

この「スパム」の語源ですけど、
イギリスのFoods社の缶詰の「SPAM」が由来です。

有名な話なので、
知っている人も多いかとは思いますが…^^;

イギリスのテレビ番組で、
商品名(SPAM)を連呼する客達が登場することから、

大量に送られてくる
頼んでもいないメールの事を指すようになりました。

ちなみに日本では、

官公庁などは、
「迷惑メール」と呼んでいますけど…^^;

という訳で、

世界各国でスパムメールは飛び交っている訳なんですが、
スパムメールを一番多く配信している国って分かりますか…?

第1位は想像がつくと思いますが、

第2位以降は、
ちょっと分かりにくいですよね。

とりあえず、

ベスト12を紹介しますね…^^

こんな事を知ってても、
何の役にも立たないですけど、

まぁ…、

なんというか…、

話のタネに軽〜く見ておいて頂ければ…^^;

第1位:アメリカ(21.3%)
第2位:ロシア(8.3%)
第3位:中国(4.2%)
第4位:ブラジル(4.0%)
第5位:韓国(3.9%)
第6位:トルコ(3.8%)
第7位:イタリア(3.5%)
第8位:ポーランド(3.4%)
第9位:ドイツ(3.2%)
第10位:スペイン(3.1%)
第10位:メキシコ(3.1%)
第12位:イギリス(2.5%)

今日もアフィリエイトに関係ない話でした…。



.

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

人気blogランキングへ ← ♪応援ありがとぉ〜〜♪

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

アフィリエイト ← このブログのトップページへ

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

track feed
Posted by : comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP